大まかな種類と用途 | 高性能の携帯機器を気軽にレンタルすることが出来る
携帯電話を使う女性

大まかな種類と用途

gps発信機はいくつか種類がありますが、大きく分けて2種類あります。
リアルタイム型と記録型と呼ばれるもので、記録型はgpsロガーとも呼ばれています。
リアルタイム型は、直接対象者に持たせる、あるいは付けて現在地の情報の確認を行えるものです。
その都度どこにいるのか確認が出来るということと、その日1日どこへ行ったのかという行動経路を知ることが出来ます。
一方記録型は、対象者や物に仕掛けて、帰ってきたあとにgps発信機を回収して、パソコンで情報の確認をすることが出来るものです。
リアルタイムでの確認は出来ませんが、その日の行動がどういったものだったのかだけ知りたいという人には向いています。

gps発信機のおかげで、多くの人の安全が守られています。
小型のgps発信機であれば、女性が夜一人で歩いて帰るときや、深夜の外出のときにも心強い味方となります。
ストーカー被害も多発していますが、それに対する防犯にも役立っています。
待ち伏せやルトーカー被害といったことは、されると出歩くことが怖くなってしまいます。
そういったときに、gps発信機をお守り代わりに持ち歩いていれば、不安が軽減されるでしょう。

gps発信機には、車に取り付けるものと、人や物に持たせたりつけたりするものがあります。
車両用であれば、車の下に付ける形になります。車両用のgps発信機には強力なマグネットがついているので、それによって車の下に取り付けることが可能になっています。
マグネット式なので、女性やお年寄りであっても簡単に取り付けることが出来ます。
ですが、鉄板にしっかりと装着しないと、走行中に外れる可能性もあるので、取り付けるときは注意が必要です。

Copyright© 2015 高性能の携帯機器を気軽にレンタルすることが出来る All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com